教育理念

自然や人間を思いやり、ふるさとを愛する豊かな心と想像力を持ち、21世紀をたくましく生き抜く児童の育成を期す。

学校経営の基底

北海道教育の基本理念、十勝管内教育推進の重点、帯広市学校教育指導の重点、学校教育・学校経営にかかわる法令に基づいて本校の教育目標の具現化に努める。

学校教育目標

□深く考える子    ○自ら学び、豊かな想像力で深く考える子を育てる。
□心豊かな子     ○物事に責任を持ち、明るく豊かな子を育てる。
□思いやりのある子  ○友達と仲良く協力し合い、思いやりのある子を育てる。
□たくましい子    ○生命を尊重し、心身とも健康でたくましい子を育てる。

進んで学び、自信とやる気を高めていく児童の育成

  ~自分でできる、自分からできる、仲間と共にできる森の里の子~

目指す学校像・児童像・教師像

 ◇ 自ら学び、考え、自主的に行動できる子ども
 ◇ 明るいあいさつと返事ができる子ども
 ◇ 後片付けができる子ども
 ◇ いじめを看過しない子ども
 ◇ 他を思いやり命や心を大切にできる子ども
 ◇ 自らの生活を見直しながら健康や安全に気を配り、身心を鍛える子ども

学校経営の基本方針・姿勢

「共通理解・共通実行で子どもたちの学びに責任を持ちます」 
◇ 児童の豊かな自己実現を支える創意ある教育課程の編成・実施・評価・改善に努め、
  全教職員の協働体制で学校教育目標の具現化を目指す。
◇ 授業改善に努め、「知・徳・体」のバランスを意識した具体的教育活動を進める。
◇ 本校の伝統である環境教育と、子どもの自信を高めるキャリア教育を推進する。
◇ 地域に根ざし開かれた学校を目指して、家庭や地域などと連携・協働し、
  それぞれの教育力を生かした教育の推進に努める。
◇ 教育公務員としての自覚と責任を持って、信頼される学校教育に努める。

平成29年度 本年度の重点

『共通理解・共通実行のもと、子ども達の自立(学習面、生活面)と共生(学び合い、認め合い、助け合い)を育む』
(1)学校改善は授業改善から
 ○基礎・基本の確実な定着を図り、子どもの自信とやる気を高める授業をめざす。
  →新学習指導要領も視野に入れて、主体的・対話的で深い学びの授業実践
(2)豊かな人間関係は明るいあいさつから
 ○あいさつが響き渡る学校をめざす
  →いじめゼロ・不登校ゼロをめざす
(3)家庭や地域から
 ○家庭や地域の思いを受け止め、連携・協働を大切にした信頼でつながる学校をめざす
  →共育・発信

学校経営の具体的方策

(1)学校経営
① DCAP検証改善サイクルに基づく学校改善を進める。
② 全教職員がベクトルをそろえ、校務運営委員会、校務分掌や学年・学級経営、校内研修などを連動させ互いに補完し合うことにより、本年度の学校経営の重点の具現化に組織的に取り組む体制の充実を図る。
③ 同僚性を高め、学校が組織体として機能するように努める。
④ 教職員各々の役割と責任を明確にし、学校経営参画意識を持って機動的・スピ-ディ-に目標を達する

(2)学年・学級経営(担当:各担任)
① 子ども一人一人が生き生きと学び、充実した学校生活が送れるよう学習指導要領の趣旨をふまえ、王位ある教育課程の編成・実施・評価・改善に努める。(環境教育をはじめ特色ある教育活動の推進)   
② 授業時数を確保する。
③ 繰り返しの学習や理解の深化のための指導時間を各学期末に位置づけ基礎・基本の確実な定着を図る。
③子どもの自信を高めるキャリア教育を意識した教育活動の推進する。
    (現在行っている教育活動を通して)

(3)学習指導(担当:各担任、研修、教務)
① 発達段階に即して、基礎基本の確実な定着を図り(教科書の内容の確実な定着)、自ら課題を把握し解決しようとする意欲や思考力、判断力、表現力などの育成に努める。
② わかる授業、学び方・学ぶ習慣が身に付く授業づくりのため、授業づくりの基本を重視する。(研修内容に沿った日常実践)
③ 各教科などにおける言語活動の充実を図り、言語能力の向上に努める。
④ 授業のICT化により子どもの意欲喚起に努める
⑤ ユニバ-サルデザイン(焦点化、視覚化、共有化)を意識した授業を進める。                 
⑥ 習熟度別学習・個別学習を継続する。(算数教室の活用)
⑦ 家庭学習の手引きと生活リズムチェックシ-トを活用し、家庭学習の習慣化と生活リズムの見直しに努める。
⑧ 家庭学習は、手引きを配布・活用するとともに、学校全体で課題の出し方などの共通理解を図りながら組織的・計画的に取り組む。
⑨ 学校共通の学習規律(学びの約束)を掲示し、どの学級も徹底させる。
⑩ 研修やチャレンジテストとリンクさせ、指導と評価の一体化を進める。
⑪ 学習内容を定着させるための時間の確保と工夫に努める。(朝学習で、1時間の授業で、単元で、学期末で、家庭学習で)
⑫ 全国学力学習状況調査、CRTの分析と活用を図る。

 
(4)道徳教育(担当:各担任、教務、研修)
① 体験的活動を中心に全教育活動の中で、自尊感情や自己有用感を育成する。
② 「特別な教科 道徳」を意識した道徳の時間の研修と実践を進める。また、次期学習指導要領の内容に沿った授業の展開を図る。
③ 参観日などで授業を積極的に公開する。
④ 道徳の時間や家庭において「私たちの道徳」を効果的に活用する。

(5)特別活動(担当:各担任、児童会)
① よりよい生活や人間関係を築こうとする自主的・実践的な態度を育てるため、「話し合い活動」「自分たちできまりをつくって守る活動」「人間関係を形成する力を養う活動」等を充実させる。
② 児童会の異学年交流活動を充実させ、児童の自信とやる気を育てる。(本校の特色ある教育活動であり、キャリア教育につながる。)

(6)特別支援教育(担当:特別支援学級、各担任)
① 通常学級に在籍する支援を要する児童も含め、子ども一人一人の障害の状態や特性等の的確な把握に努め、個別の指導計画の作成を通して効果的な教育的支援を実施する。
② 特別支援教育コーディネーターを中心に、校内支援体制や校内研修の充実に努める。(特別支援委員会の活用)
③ 関係機関との連携、保護者との信頼関係の構築に努める。

(7)生徒指導(担当:生徒指導部、全教職員、児童会)
① 共感的理解に基づく生徒指導の充実を図る。
② 全教職員の共通理解に基づき、協働体制で児童の指導に当たる。
③ いじめゼロ・不登校ゼロをめざし、教師と児童、保護者との人間関係を築き、共感的理解をもって児童理解を深める。
④ 情報モラルや情報への責任についての指導と併せて、ネットいじめやインタ-ネットの危険性についての指導の充実を図る。
⑤ 時機を逸しない「報告・連絡・相談・確認」を徹底する。

(8)健康安全指導(担当:生徒指導部、保体部、全教職員)
① 運動の質量を確保する。(体育の時間・休み時間などで)
② 運動や健康への意識の向上を図る。(生活習慣の見直し・家庭への働きかけ)
③ 全学年で体力・運動能力テストを実施し、分析と活用を図り、健やかな体の育成のために家庭への啓発、ウン小津への関心を高める環境づくりを進める。また、体育の時間に体づくり運動を取り入れる。
④ 食育の推進(食育授業、食の安全)と食物アレルギ-への対応に留意する。
⑤ 安全意識(危険予知・けが防止)の向上と危険行動への指導~廊下歩行指導

(9)学びの環境(担当:保体部、教務部、各担任)
① 明るく清潔な学舎を維持する清掃・美化活動、潤いと文化の香りあふれる校内掲示と言語環境の整備に努める。
② 朝読書の充実(読書できる環境教育の構築~静かに集中できる時間~)
③ 環境集会関係掲示物の整理を進め、掲示を工夫する。(遺産の活用)

(10)研修(担当:研修部、各担任)
① 教えるプロとしての自覚に立ち、専門性の深化を図る研修に努める。
② 研究主題に沿って授業実践を積み重ね、めざす子ども像への育成と授業力向上に努める。
③ 授業研究を中心に、子どもの育ちが見とれる実践的な研究をめざす。
④ 各種研修講座や研究会への積極的な参加及び学校への還元を図る。
⑤ 授業を開き、多方面からの評価・アドバイスを通して質の高い研究と授業力の向上を目指す。(平成30年度に教育実践発表会開催予定)

(11)学校事務(担当:事務部、全教職員)
① 各種文書、所帳簿の適切な作成、保管、管理に努める。
② 教材・教具の効果的な整備と管理を行う。
③ 個人情報の適正な管理を行う。
④ 公費及び私費に関して、適正かつ厳正に会計処理を行う。

(12)家庭・地域との連携(担当:教務部、全教職員)
① 家庭・地域・関係機関と連携した「開かれた学校」を推進する。
② めざす子ども像や学校で育まれる資質・能力などについて、保護者・地域住民と認識を共有するよう努める。
③ 緑園中エリア・ファミリ-(幼保小中)の連携を推進する。(授業交流・情報交流を中心に)
④ 教育情報の「見える化」を促進し、教育情報の積極的発信に努める。(授業交流、HPの充実など)
⑤ 地域の特性を生かした出前授業やゲストティ-チャ-を積極的に活用する。
⑥ 学習サポ-トを中心に地域人材の積極的な活用を図る。
⑦ 学校評議員制度や学校関係者評価を充実し、適正に学校経営に反映させる。
⑧ こども学校応援地域基金プロジェクトに沿って、各ボランティア団体の連携を図り、活動の活発化をお願いする。
⑨ 関係機関や森の里小地域住民との連携による児童の安心、安全を確保する。
 
LinkIcon学校紹介TOPへ